ヤマトヌマエビ繁殖のあれこれ

ヤマトヌマエビの繁殖を中心にアクアリウム体験を書いています

60cm水槽の近況

立ち上げから1年が経過

3年前から飼っていた和金が大きくなってきたので立ち上げた水槽です。

2020年年初には3匹の和金が泳いでいましたが、病気や事故で2匹がいなくなってしまい、現在は朱文金が1匹で悠々と泳いでいる状態です。

あとはヤマトヌマエビの親エビと石巻貝がマイペースな感じで過ごしています。

 

他水槽のリセットに砂利を提供した関係で、中の状態もシンプルになりました。

 

60cm水槽の以前の様子

60cm水槽 以前の様子

 

現在の様子

60cm水槽 現在の様子

 

抜いてしまったセイロンロタラ

ちなみに水槽右奥にあったロタラはCO2添加がない状態では葉が委縮してしまったので、抜いてしまいました。

抜いてしまったセイロンロタラ

すっかり枯れてしまったものだと思っていましたが、根っこはしっかりと張っており綺麗な状態でした。CO2なしの環境に適応した姿だったのかも知れませんね。

 

今後の方向性を悩み中

その他は大きな変化なく2ヵ月ほど経過しています。

全体的に水草に元気がないのは気になりますが、水質良好で和金も元気にしています。

 

    にほんブログ村 観賞魚ブログ 水槽へ
にほんブログ村

 

 

ガジュマル植栽1週間

根っこが出てきました

11月10日に外部フィルタに設置したガジュマル。

今週ふと見ると、茶色い根っこから白いひょろひょろとしたものが。

 

ガジュマルの根っこ

これ、水中用の根っこですね。

ヒヤシンスを水耕栽培したときに見るような根っこがたくさん出ています。

 

実は「出てきた」どころではなかった

他にも根っこが出ているところはないかなと確認していると・・・

ガジュマルの根っこの成長

・・・え、長すぎる。もうだいぶ前から出ていた様子。

外掛けフィルタの高さ半分まで伸びています。

まだ植えてから1週間です。

 

日中はこんな感じでライトを木の半分くらいにあてている状態で光量が足りているか心配していましたが、根っこの状態を見るに成長には十分なようです。

ガジュマルにLEDライトをあてる

 

消灯後に水を吸い上げている?

日中は幹の部分が乾燥しているように見えますが(写真左)

ある日の夜に見ると幹の部分が濡れたように湿っていました(写真右)

翌朝にはまた乾いていましたが、周期的に水を吸収しているのでしょうか。

日中のガジュマル
夜間のガジュマル

 

不思議かつ面白い植物です。

ここまで成長が早いとは思っていなかったので、びっくり。

フィルタろ過層が根っこで埋め尽くされないか心配になってきました。

 

     にほんブログ村 観賞魚ブログ 水槽へ
にほんブログ村

底面フィルタの掃除

立ち上げ6ヵ月の30cmキューブ水槽

6月に稚エビの引っ越し先として用意した30cmキューブ水槽。

前回書いたようにカージナルテトラが☆になってしまいましたが、他に住んでいる稚エビやオトシンネグロは健在です。

また、水草は成長著しく、毎日気泡を出して好調が続いています。

 

現在の様子

立ち上げから6ヵ月経過した30cmキューブ水槽

 

日々のお手入れ

管理はほぼルーティン化しています

・毎日1~2回のカージナルテトラへのエサやり

・週1回、稚エビ向けのプレコタブレットのエサやり

・週1回、3分の1の水替え・ガラス掃除

・隔月、外部フィルタ内のウールマット交換

不定期、水草のトリミング

とこんな感じでやっています。

ここ最近は水質検査をしても特に変わったことはありません。

 

底面フィルタを掃除してみる

上記の通り、基本的に安定していると思うのです。

ですが、先日カージナルテトラが☆になったこともあり着手できていない点を考えると、外部フィルタ内の生物ろ材と底面フィルタは今まで一度も掃除していません。

(プロホースでの低床掃除はやっていますが)

 

詰まりもないので生物ろ材掃除はまだ様子見しようと思っています。

一方で底面フィルタは水草を植えすぎていることもあり、一度手入れしてみたいと思っていました。

 

掃除といってもリセットするわけではなく、下記写真の赤丸部分からプロホースで汚れを吸い取るという作業です。

底面フィルタの掃除箇所

 

汚れがごっそり取れて気持ちいい

※作業に夢中で写真を撮り忘れました

 

まず外部フィルタと底面フィルタの連結部を外します。

底面フィルタの連結部にプロホースをあてて、低床掃除同様にシュポシュポと水を吸い上げます。

すると、普段低床を掃除している時とは比べ物にならない量のゴミが出てきました。

 

いつもは水草の根っこを傷つけないように表層しか掃除できていないので、深くに溜まった汚れが取れたのでしょう。

 

底面フィルタの手入れ方法としては良さそう

砂利の中のバイオフィルタを破壊することになるのでやり過ぎは良くなさそうです。

ただ今回は、掃除から5日経過した現在も特に悪い変化は起きていません。

底面フィルタは低床に埋めてしまうので、これくらいしか掃除方法がないような気もしており、今後も時々この掃除をやっていこうと思います。

 

※なお、プロホースを底面フィルタの連結部に差し込む際に、力を入れすぎたため外れなくなりました。危うく低床を崩壊させるところでした。要注意です。

 

    にほんブログ村 観賞魚ブログ 水槽へ
にほんブログ村

カージナルテトラお迎え4ヵ月目

餌食いの調子は戻りました

8月にお迎えしたカージナルテトラ

11月のカージナルテトラ

 

10月下旬に餌食いが悪くなっていました。

makose.hatenablog.jp

 

エサの比率を変えたり試行錯誤しているうちに元に戻りました!

(試行錯誤の結果か分かりませんが・・・)

 

突如1匹が不調に

そんな感じで4ヵ月間病気もなく元気に過ごしていました。

ところが先週、大きく育っているうちの1匹の様子がおかしいことに気づきました。

症状は、

・中層にいるが口とエラの動きが速い(明らかにパクパクしている)

・いつもはいない場所に留まっている

・赤いラインの一部が白っぽい

 

いつもは泳がない場所にいるカージナルテトラ

調子の悪いカージナルテトラ

 

はじめ見つけたときは産卵でもしているのかと思っていましたが、翌朝明るいところで見ると体色が薄れていることに気づき病気と分かりました。

 

薬浴の準備

翌日仕事帰りにアクアショップで相談すると、カージナルテトラに多い病気としては白点病やネオン病があるが、写真がないと特定は難しいとのこと。

そうですよね・・・明るいところで写真を撮っておくべきでした。

 

白点は出ていなかったので、ネオン病を疑いエルバージュエースを購入して帰宅。

(本当はグリーンFゴールドが欲しかったのですが欠品でした) 

 

ちなみに、ネオン病は不治の病かつ伝染力が高いとのこと。

カラムナリス菌が筋肉組織に入り込んで繁殖することで起きるため、薬を使っても完全に駆除することが難しいようです。

そんな情報を見たので心配は募るばかり。隔離&薬浴で対処することにしました。

帰宅後、急いで隔離ケースに薬浴水を用意し、温度合わせも完了させます。

 

まさかの

ところが、肝心の病気個体がちっとも網に入ってくれません。

(私が下手過ぎるのかも知れませんがコツとかあるのでしょうか?)

最後にはミクロソリウムの森に隠れてしまいました。

 

これ以上追い回すのも消耗させそうですし、これだけ逃げ回る元気があればまだ初期症状だろうと判断し、翌日明るい時間に移動させることに。

 

・・・

これがそのカージナルテトラの最後になってしまいました。

 

いや本当に、お魚の病気の対応は難しいです。

 

4匹は元気です

☆になった個体がネオン病だったとすると、その感染が心配です。

残された4匹は毎日様子を見ていますが今のところ普段と変わらない様子。

30cmキューブ水槽のカージナルテトラ

カージナルテトラ

 

今回の件については、原因としてすぐに思い当たるところがないので、今後同様の症状が他のお魚に広がることがないか注視していきたいと思います。

 

     にほんブログ村 観賞魚ブログ 水槽へ
にほんブログ村

外掛けフィルターの使用感

GEXラクラクパワーフィルター(M)の使用感

はじめて外掛けフィルターを使用しましたが結構気に入っています。

設置から1週間経過時点の感じた点をまとめます。

 

先週設置したラクラクパワーフィルター

 

本体サイズ

幅15.7×奥行13.5×高さ17.3cmあるので設置スペースには要注意

・付属フィルタ以外にも、ろ材がかなりの量入る

→私は機能重視なので満足です。美観に拘るなら別製品が好みの方もいそう

 

モーター作動音

・やや気になるレベル

・別水槽のサイレントフローデュアル・メガパワー2045(いずれもGEX製の水中モーター)と比べ、明らかに音が出ているのが分かる

・流量調節で水量を減らすとビビり音が混じる

→置く場所によっては音が気になるかも知れません

→私はフタを外していますがフタと本体間で振動音が起きることもあるそうです

 

流量

・流量:6.0L/分(50Hz)、7.2L/分(60Hz)

・強い。メガパワー2045(2.3L/分)よりも流量大

→流量最大だと浮上性のエサが水流に全て巻き込まれます

→エサやりの時は流量をMINにするとエサが沈まずにちょうど良いです

 

付属機能

・濾過槽内のエアレーション機能

 -まだ使用していませんが、この製品だけの機能のようです

・排水側に水受けが付属

 -水流が強いので助かります

 -角度調節可能で、私は水面付近に流れができるよう調節しています

 

まとめ

多機能かつゆとりあるサイズで使いやすいです。

流量も大きいので、底面フィルタと接続しても問題なく使用できています。

まだ設置したばかりなので、水の状態はしばらくウォッチしていきます。

 

結構大掛かりな環境変化になってしまいましたが、ハナビは皆元気です。

30cmアクリル水槽全体

 

    にほんブログ村 観賞魚ブログ 水槽へ
にほんブログ村

ガジュマル

ガジュマルを外掛けフィルターに植える

外掛けフィルター設置を機に色々やっています。

今度はガジュマルを買ってきました。

もともと陰性水草しか入れていない水槽なので、有茎草ほど水草による栄養吸収が期待できません。

そこで先輩方のブログで見かけたフィルター内での植物育成に挑戦します。

上手く成長すれば見た目もよく、水中の余分な栄養を吸収してくれるはず。

 

ガジュマルの下処理

まずは購入時に農薬がついていないことをお店で確認しました。

稚エビのいる水槽なので、万が一農薬がついていると命とりに。

 

帰宅後、ポットに入っていた苗を抜き取り丁寧に土を取り除きます。

最後はバケツに水をためてその中で細かい土を落としました。

土と一緒に取れてしまった根っこも結構ありましたが綺麗になりました。

ガジュマルの下処理

 

フィルタに設置

ろ材を詰めているスペースの上に動かないように入れます。

ここで疑問が。

ガジュマルってどこまでが茎で、どこからが根っこなのか?

あまり水に浸けてしまうと腐ってしまうようなので、まずは様子見で根っこの先が水に触れるくらいで置いてみました。

外部フィルターに設置したガジュマル

f:id:makose8:20201110141703j:plain


まだ小さいので、遠くから見ると少し寂しい。

根元にもう少しボリュームを増やした方が見た目は良さそうです。

ともあれガジュマルの成長が楽しみです。

 

    にほんブログ村 観賞魚ブログ 水槽へ
にほんブログ村

外掛けフィルターのカスタマイズ

GEXラクラクパワーフィルターを工作

外掛けフィルターに少し細工をしたのでご紹介します。

今回GEX製品を購入したのは底面フィルタとの接続に加え、容量の大きさが魅力だったからです。

容量を最大限活かすべく、よく紹介されている工作をして生物ろ材を沢山入れました。

GEXラクラクパワーフィルター

 

外掛けフィルターの工作とは?

フィルター内は何もしなければ取水口から排水口にそのまま水が進みます。

そこで、ろ材マットの取り付け溝に仕切りを設置し、水の通り道を蛇行させることで、生物ろ過効率を上げるのがこの作業の目的です。

今回2種のフィルター取り付け溝があり写真①の部分を仕切ることにしました。

外掛けフィルタの内部

 

 

工作方法

数多く紹介されている工作方法なので目新しいことはありません。

なので、ポイントだけ簡単にご紹介します。

 

仕切り版用に使用したのは100均の下敷き

ダイソーの下敷きを仕切り版に

 

これをさきほどの溝に差し込めるサイズにカット。

フィルターの下にあたる側に2cm程度の水の通り道を開けておきます。

あと細かいですが、角を丸めておくと後日手を切ってしまうこともなさそうです。

切り抜きは大き目のカッターで綺麗にできました。(ハサミでも切れそう)

下敷きをカッティング

 

フィルターに仕切り版を差し込み、ろ材を投入。

仕切り版の手前側のスペースにもろ材が入ります。

ろ材を入れた外掛けフィルタ

 

きっと下の写真のような感じで水が流れてくれるはずです。

上のろ材は化学ろ材なので、水と触れていれば良しとします。

期待するフィルタ内の水流

 

水を入れた後の様子。排水側のスペースには付属フィルターを入れました。

点線>仕切りなしのときの水の流れ想定

実線>仕切りありの時の水の流れ想定

改造後の水の流れ

 

以上、簡単ですがフィルター工作の内容でした。

 

勢いに乗って水槽のフタも工作

ついでに水槽のフタがそのままでは使えなくなってしまったので、外掛けフィルターを設置できるように大きくカットしてみました。

これも工作用カッターでやりましたが、何度もガリガリと削る必要があったので、もっとよい道具を使った方が安全だと思います。

 

何とかカットをしてヤスリをかけ終えたところ。

水槽フタのカッティング

 

ピタリと設置できて気持ちがよいです。(昔から使っているのでフタは汚いです・・・)
水槽のフタもカット

 

以上、はじめての外掛けフィルタ設置ではりきってしまった話でした。

 

    にほんブログ村 観賞魚ブログ 水槽へ
にほんブログ村